10月5日(土)

秋季リーグ戦 第4節 vs芝浦工業大学 1回戦
@上智秦野グラウンド
●2-3

上智大バッテリー:遠藤-黄
芝浦工大バッテリー:高田ー諸井

スターティングメンバー
①横井6(経済④中村)
②坂口8(総合人間④神大附属)
③小豆畑7(総合人間②雪谷)
④黄2(法②柳川)
⑤馬込3(法③湘南)
⑥佐藤D(理工④湘南学園)
⑦小坂9(経済②市川)
⑧長田5(総合人間④岐阜)
⑨片岡4(文①新城)
P遠藤(理工④桐光学園)
苦しい戦いが続いている上智にとって、入替戦を避けるためになんとしても取りたい芝浦工業大との一戦が幕を開けた。今シーズン好投を続けながらも、共に打線の援護に恵まれない遠藤と高田の投げ合いとなった。

ーー
試合が動いたのは5回裏、4番吉田、5番篠遠がヒットで出塁する。ここで芝浦工大は6番森島が犠打できっちりとファーストに取らせる送りバントを決める。
1死2.3塁と大きなチャンスを迎えると、ここで芝浦工大は早くも代打を投入する。
不調でスタメンを外れていた代打小林が値千金のレフトへの適時二塁打を放ち采配に応える。(2-0)
さらに1死2塁とすると上智が警戒していた8番諸井のセンターへの適時打で1点を追加される。(3-0)
ーー
手痛い先制点を与える形になってしまった。
1イニング前の上智の攻撃を振り返ってみると、6番佐藤が相手のエラーで出塁し、牽制悪送球の間に無死二塁と大きなチャンスを作っていた。しかしここで7番小坂のバントでランナーが進むことができない。さらに8番長田も内野ゴロに倒れてしまい大きなチャンスを逃す形となってしまった。
連打がなかなか期待できない今シーズンにおいて、無死二塁の局面はなかなか来ないだけに、流れを引き寄せられなかったのは痛い攻撃となってしまった。

ーー

しかし3点を取られた直後の攻撃、6回表。
1番横井がサードのエラー、2番坂口がヒットで出塁、無死1.2塁とすると、3番小豆畑の打球をショートがエラーし、その間に横井が生還し1点を返す。(1-3)
相手のミスに助けられながらも、点を取られてすぐに取り返すという今シーズンなかなかできていなかった形を見せることはできた。
ーー
さらに7回表、5番馬込がセカンドのエラー、7番小坂がヒットエンドランを決め、1死1.3塁とする。
ここで8番長田がしぶとくセカンドへ転がし1点を追加する。(2-3)
ここでも終盤の追加点で、徐々に高田を追い込むことができていたのではないだろうか。
ーー

その後遠藤は粘り強く投げ続け、反撃を待った。
残されたラストイニング、なんとしても追いつきたい上智打線は粘りを見せる。
4番黄が振り逃げで出塁、5番馬込がレフト前に運びチャンスを広げる。ここで6番佐藤がきっちり送り、土壇場で一打逆転の大チャンスを作る。
しかしここで小坂、長田が高田の前に連続三振に倒れゲームセットとなってしまった。

ーー
今日の試合はチャンスは作るものの、ここぞという場面で一本が出なかった。ピッチャーが少ない点数で抑える中で、打線がなかなか繋がらず、得点に結びつかないケースが多く見受けられた。今日の試合では、相手のミスにつけ込み1点ずつ返していく野球ができていただけに、明日の試合でもそれを継続しつつ、ここぞの場面での一打に期待したい。

 

◆選手コメント
松坂成也 主将(④小山台)

ーー今日の試合を振り返って

守備も攻撃も良さは出せていましたが、あと一歩のところで勝ちきることができず、悔しい気持ちです。

ーー打線が今日も2得点に終わったが

投手が頑張ってくれている試合で援護することができず、申し訳ない気持ちです。なんとか粘り強く点数を重ねていきたいです。

ーー明日の試合に向けて

目の前の試合に勝つことだけを考えたいと思います。明日こそ勝ちます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中