9月15日(日)
秋季リーグ戦 第2節 vs成蹊大学 2回戦
@上智秦野グラウンド
●5-12
上智大バッテリー:勝沼、今川-馬淵、黄
学習院大バッテリー:永田、甲斐ー白井
スターティングメンバー
①坂口8(総合人間④神大附属)
②黄9(法②柳川)
③小豆畑7(総合人間②雪谷)
④馬淵2(神①明星)
⑤安雲D(神②淑徳)
⑥佐藤5(理工④湘南学園)
⑦馬込3(法③湘南)
⑧長田6(総合人間④岐阜)
⑨脇4(法②湘南)
P勝沼(理工④城北)
 「粘り強い守備からリズムを作る」上智の野球を体現し理想的な繋がりを見せ勝利した1回戦から一夜明けて、強風吹き荒れる中2回戦が行われた。
上智は先週の学習院戦で復活のリリーフを見せ、ラストシーズンでの活躍が期待される勝沼(④城北)、成蹊は昨日に続きフレッシュな1年生投手、永田の投げ合いとなった。
                                                                                     IMG_4279
ーー先発した勝沼(④城北)
試合が動いたのは、1回表、2番澤木の浅く上がったフライに、深めに守っていたライト黄が対応できずヒットとなり出塁を許すと、3番濱野のセンターへのタイムリー2ベースヒットで1点を先制されてしまう。(0-1)
先頭を簡単に三振でとった勝沼だったが、不運な形で先制を許してしまう。
続く4番白井の打球がライトへのタイムリーヒットとなりさらに1点を追加される。(0-2)
その後すぐに白井を牽制で刺し、流れを引き戻したかのように見えた。
しかし、5番齋藤(大)の打球で、サード佐藤の送球が逸れ2死1塁とされる。続く6番野呂のライトへのヒットを黄が後ろに大きく逸らし、打った野呂も一気にホームへ帰ってきた。(0-4)
走者がいなくなった後も流れを悪くし、四球とヒットで5点目を献上した。(0-5)
守備からのリズムをテーマに掲げているにも関わらずこのようなミスが続くと自ずと勝ちも遠くなってしまうのではないだろうか。勝沼は奮闘も虚しく、味方のミスに足を引っ張られる形で1回途中で降板となってしまった。
リリーフした今川も成蹊打線の流れを止めることができない。続く2回表、4番白井にヒットで出塁を許し、1死1塁とされると5番齋藤(大)のレフトへのタイムリー2ベースヒットで1点を追加される。(0-6)
さらに7番中村、8番川田にもタイムリーヒットを浴び、この回3点を追加されてしまう。(0-8)
                                           IMG_4280
ーー1回途中からのロングリリーフとなった今川(②時習館)
2回表を終え、0-8と試合は決まったかのように思えた。しかしその裏、7番馬込、8番長田がヒット、9番脇が四球で出塁し、2死満塁と大きなチャンスを迎える。
ここで切り込み隊長、1番坂口がしぶとくセンター前へ運び、1点を返す。(1-8)
さらに2番黄のライトへのタイムリーヒットで2点を追加する。(3-8)
下位でチャンスを作り上位打線が返すという理想的な攻撃が出来たのがこの回の攻撃だった。
坂口と黄、荒鷲打線を引っ張る2人の前にランナーを置くことが今後も非常に重要になってくるだろう。
                                                                                     IMG_4283
ーー打線をけん引する坂口(④神大付属)
さらに3回裏に1点、6回裏にも8番長田の2ベースヒットを皮切りに1点を返し3点差まで詰め寄る。(5-8)
諦めない姿勢、ベンチが作り出す異様な雰囲気が相手にプレッシャーをかけていたことは言うまでもない。
しかしここでチャンスを作ったのにも関わらず1点で終わってしまったことが今後への課題だと言えるだろう。
                                                                                     IMG_4286
ーーあわやホームランかという打球を放った長田(④岐阜)
追い上げムードであった終盤だったが、キャッチャーの交代からリズムを取り戻していた今川が再び成蹊打線につかまり、8.9回で4失点と突き放されてしまう。
成蹊は狙い球を絞り思い切りの良いスイングが出来ており怖い打線だということを改めて思い知らされる形となった。(5-12)
                                             IMG_4282
ーー途中からマスクをかぶった黄(②柳川)
対する上智打線もランナーを出すものの強攻策が裏目に出てゲッツーの山を築いてしまい、終盤食い下がることができなかった。
春もそうであったがやはり簡単に勝ち点を取ることはできない。3回戦も苦しい試合になることは間違いないだろう。その中でも少ないチャンスを生かし、守備のミスを少しでも減らしなんとか勝ち点をもぎ取りたい。
◆選手コメント
松坂成也 主将(④小山台)
――昨日の試合を振り返って
ミスが失点に結びついてしまったのが大きかったです。粘り強い守備が持ち味なので、そこをもっと発揮していきたいと思います。
ーー今川ではなく勝沼を先発に抜擢した狙いは
勝沼の調子の良さを考慮してのことだと思います。よく投げてくれたのですが、バックが守ってあげられなかったのが残念でした。
ーー明日の試合に向けての意気込み
明日こそ勝ち点を取ります
今川投手(②時習館)
――昨日の登板を振り返って
難しい場面での登板になりましたが、自分が最後まで投げることで第1戦で登板した遠藤さん、小坂をはじめとしたほかの投手を休めることができてよかったです。ただ、自分が失点しなければ追いつけていた可能性もあるので反省しています。
ーーキャッチャーが変わってからリズムを取り戻したように見えたがそのあたりは?
キャッチャーのリードに関しては難しいところがあるのでなんとも言えないですが、キャッチャーを変えることで守備全体のリズムを変えることができるのかなと思いました。
ーー次回の登板に向けての意気込み
自分は任された登板機会で自分の仕事をするだけだと思っているので、その仕事を全うできるように全力を尽くします。
・・・・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中