9月10日(火)
秋季リーグ戦 第1節 vs学習院大学 2回戦
@上智秦野グラウンド
●0-4

上智大バッテリー:今川、小坂-馬淵
学習院大バッテリー:長野-斎藤
スターティングメンバー
①坂口8(総合人間④神大附属)
②馬込3(法③湘南)
③黄9(法②柳川)
④小豆畑7(総合人間②雪谷)
⑤馬淵2(神①明星)
⑥佐藤5(理工④湘南学園)
⑦安雲D(神②淑徳)
⑧片岡4(文①新城)
⑨長田6(総合人間④岐阜)
P今川(法②時習館)

台風の影響を受け、日曜日から順延が続いた秋季リーグ戦第2戦目。1戦目は学習院、長野にわずか3安打と完璧に封じられ、守備でも5失策と上智らしい野球ができずに終わってしまった。
そして迎えた第2戦。上智は昨秋から1年生ながら大車輪の活躍を見せ、遠藤に次ぐ2番手として台頭した今川が先発。
対する学習院は第1戦で春の勢いそのままに完封勝利をあげた長野の投げ合いとなった。

u4ecau5ddd


試合が動いたのは2回裏、ショート長田のエラーで出塁を許してしまうと、6番杉本が2ベースヒットでつなぎ無死2.3塁とされ、7番三浦のセカンドゴロの間に1点を先制されてしまう。(0-1)
最少失点で抑えたい今川だったが、ここで第1戦でもしぶとい打撃を見せた8番服部にライトへのタイムリーヒットを打たれ、2点目を失ってしまう。(0-2)

追いつきたい上智は4回表、1番坂口がヒットで出塁すると、2番馬込が送りバントを試みる。しかしここは相手捕手の好フィールディングに阻まれランナーを進められない。さらに3番小豆畑の打席で馬込が盗塁死。結局、小豆畑が四球、黄がヒットと打線がつながっていただけに手痛いミスとなってしまった。

u5c0fu8c46u7551

u9ec4


続く4回裏、チャンスを逃すとピンチがやってくる典型的なケースとなってしまった。
6番杉本がヒット、7番三浦に四球を与え無死1.2塁から、8番服部がバントをしっかりと決めた。このようにバントで手堅くランナーを進め、攻撃のリズムを作れるところに上智との差があるのではないだろうか。
さらに9番齊藤に死球で出塁を許し1死満塁とされると、1番秋葉にライトへの犠牲フライを打たれ追加点を許してしまう。(0-3)


さらに7回裏、ダメ押し点を許してしまう。
2番栗林に四球で出塁を許すと、4番藤井のレフトへの当たりで小豆畑がクッションボールの処理を誤り、さらに中継ミスも重なり不本意な形でダメ押しを許してしまう。今川は粘りのピッチングを続けたもののここで降板となった。(0-4)


その後のピンチを今川に変わりマウンドに上がった小坂が抑えた。昨シーズンは3番打者として打線の中心に座った小坂だが、リーグ戦終了後は二刀流に挑戦してきた。徐々に頭角を現してきた右腕は、丁寧に低めを攻め、学習院打線に得点を許さず、1戦目の勝沼に続き完璧なリリーフを見せた。

u5c0fu5742uff12


打線はその後も1戦目同様に精彩を欠き、放った安打はわずかに4安打。0-4と2試合連続で完封負けとなってしまった。


第1節から学習院に連敗し、勝ち点を落とすスタートになってしまった。しかしまだ終わったわけではない。試合後のミーティングでは主将・松坂が「ここから先の試合で勝ち点を重ねていけばまだまだ優勝の可能性は残されている」と強く話した。
第2節の成蹊戦に向けて課題は明確だ。
投手陣は2試合とも5点以内に学習院打線を抑えるなど、春リーグに比べて仕上がりは順調と言える。自責点も少なく、成長点が多く見受けられる第1節であった。
一方、野手陣は2試合で6失策と本来の上智の持ち味である粘り強い守備が出来ていない。さらに開幕から18イニング無得点と打線の繋がりを欠き、本来の力を発揮できずにいる。
明日からの3日間しっかりと練習し、第2節での野手陣の奮起に期待したい。


◆選手コメント
松坂成也 主将(④小山台)
――今日の試合を振り返って
リベンジのつもりで挑んだのですが、うまく噛み合わず勝つことができませんでした。ただ、選手達はよく戦ってくれたと思います。

ーー2試合で7安打と打線が奮わなかったが
投手陣が踏ん張ってくれていたので、なんとか援護したかったのですが、相手が一枚上手でした。ここから調子を上げていきたいです。
ーー第2節に向けての意気込み
死に物狂いで勝ちにいきます。

u677eu5742


小坂太貴 投手(②市川)
ーー今日の登板を振り返って

同期の今川が出したランナーは絶対に返させない、絶対にこれ以上点をやらないという気持ちでマウンドに向かいました。今日はたまたま打ち取れましたが、慢心せず次の登板に備えたいと思います。
ーー二刀流としての活躍が期待されていますが調整で工夫しているところはありますか?

打撃の調整に1番時間を割いています。投手の調整を補う意味でも、今まで以上にストレッチや体幹トレーニングに力を入れています。

ーー第2節以降に向けての意気込み
4年生とリーグ戦に臨める最後のシーズンであり、もう勝ち点を落とすことはできません。あらゆる瞬間を大切に、また全力でプレーし、勝利に貢献します。

u5c0fu5742

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中