9月7日(土)
秋季リーグ戦 第1節 vs学習院大学 1回戦
@上智秦野グラウンド
●0-5

上智大バッテリー:遠藤、勝沼-馬淵
学習院大バッテリー:長野-斎藤

スターティングメンバー
①坂口7(総合人間④神大附属)
②片岡4(文①新城)
③黄9(法②柳川)
④小豆畑D(総合人間②雪谷)
⑤佐藤5(理工④湘南学園)
⑥安雲3(神②淑徳)
⑦小坂8(経済②市川)
⑧馬淵2(神①明星)
⑨脇6(法②湘南)
P遠藤(理工④桐光学園)

 

 

いよいよ始まった秋季リーグ戦。長年のライバルであり、今春、遠藤の好投で3戦目に持ち込んだものの勝ち点を逃した学習院大学との試合で幕を開けた。
上智はエース遠藤(④桐光学園)、学習院は今春台頭し、最優秀防御率のタイトルを獲得した長野の投げ合いとなった。

img_0511

ーー粘りのピッチングを見せた遠藤(④桐光学園)

 

試合が動いたのは2回表、6番栗林の打球をショート(②湘南)がエラーし出塁を許す。続く7番三浦に二塁打でつながれ、2死2・3塁とされると、8番服部の打球でサード佐藤大(④湘南学園)の送球が逸れ、先制を許した。(0-1)
なおも2死1・3塁とされると、9番齊藤のレフトへのタイムリーヒットで1点を追加されてしまう。(0-2)「粘り強い守備からリズムを作る」という上智の野球とは程遠い、苦しい序盤となった。

img_0510

ーー終盤に技ありのセンター前ヒットを放つ坂口(④神奈川大学付属)

 

粘り強く守り、攻撃につなげていきたい上智だったが4回表、5番大西がヒット、6番栗林が四球で出塁し無死1・2塁のピンチを招く。7番三浦が手堅く犠打で送り、1死2・3塁とチャンスを拡大し、ここで迎えるのは8番服部。粘りたい遠藤だったが、服部の打球は無情にもセンターへのタイムリーヒットとなり、1点を追加されてしまう。(0-3)
なおも1死1・3塁のピンチが続き、9番齊藤のセンターへのフライで小坂(②市川)は飛び出した1塁ランナーを刺そうと懸命の送球を試みるも僅かに逸れセーフ。その間に3塁ランナーが生還し、4点目を失った。(0-4)

img_0514

ーー4番に座った小豆畑(③雪谷)

 

なんとか追いつきたい上智は4回裏、反撃の糸口を掴む。今春、首位打者を獲得した3番・(②柳川)が左中間にツーベースを放ち出塁すると4番・小豆畑(③雪谷)、5番佐藤の連続四球で1死満塁のチャンスを作る。ここ一番のチャンスで打席には6番・安雲(②淑徳)が立つが、変化球を振らされ簡単に追い込まれると、4球目の変化球でセカンドゴロ併殺打に打ち取られた。
試合を通して上智最大のチャンスだっただけにこのチャンスを生かせなかったのは痛手となってしまった。

img_0515

ーー7番に起用された小坂(②市川)

 

そしてチーム松坂になり課題に上がり続けてきた整備後の6回表。なんとしても守りたいこのイニングだったがここでも守備のミスから手痛い追加点を許してしまう。6番栗林に四球で出塁を許すと、7番三浦の打球をピッチャーの遠藤がエラーし無死1・2塁のピンチを迎える。4点リードと余裕のある中、8番服部が犠打で確実に送り、1死2・3塁として9番齊藤を迎える。遠藤が投じた1球はショートのもとへ。しかしが弾いてしまいどこにも投げられず失点した。(0-5)

img_0513

ーー開幕スタメンに抜擢された片岡(①新城)

 

打線はその後も学習院・長野の投球に翻弄されほとんどチャンスを作ることができずに敗戦した。

img_0508

ーー気迫のヘッドスライディングでツーベースを放った黄(②柳川)

 

結果的には0-5と学習院に力の差を見せつけられ完敗になってしまった。
しかしその中で7回からリリーフし、3イニングを無失点に抑えた勝沼(④城北)の活躍が目立った。
かつてはエースとして4勝をあげたシーズンもあったが、ここ数シーズンは調子を崩していた。
迎えたラストシーズン。連日の投げ込みの甲斐もあり、オープン戦で結果を残し、復活の登板を果たした。春季リーグ戦では遠藤今川(②時習館)に続く投手不足に苦しんだ上智にとっては明るいニュースだ。

img_0512

ーー完全復活の好リリーフ勝沼(④城北)

 

学習院から勝ち点を取るためにはまず明日の第2戦で勝つことが必須だ。さらに優勝争いに食い込むためにも、強豪校から勝ち点を上げることが求められる。
守備から自滅してしまい、少ないチャンスを活かすことができなかった今日の一戦ではあったが、前述した勝沼が復活の完璧なリリーフを見せ、馬淵片岡の1年生コンビがフル出場、打撃陣も正面をついてしまったが鋭い打球が出ていることなど決してチームは悪い状態にあるわけではない。チーム一丸となって必ず第2戦に勝ち、第3戦に持ち込みたい。

img_0509

ーー開幕マスクはこの男、馬淵(①明星)

◆選手コメント

松坂成也 主将(④小山台)
――今日の試合を振り返って

ピッチャーはよく頑張ってくれてたと思います。粘り強く戦うという持ち味を、出し切れなかったことが残念でした。

ーーベンチの雰囲気はどうでしたか

試合に良い雰囲気で入れていましたし、盛り上がりもあってみんなよく頑張ってくれたと思います。明日は最初から最後まで盛り上がれるように頑張りたいです。

ーー明日の試合に向けての意気込み

リーグ戦は勝ち点を取ることが大事なので、そのためにまずは明日の試合を全力で戦い、勝ちたいと思います!

 

勝沼隆雄 投手(④城北)
ーー春の学習院戦以来のリーグ戦登板でしたが調子はどうでしたか?

久々のリーグ戦で緊張しましたが、ストライクゾーンで勝負出来たので調子は悪くなかったと思います!

ーー投げている際の笑顔が印象的でした。意識されていたのですか?

野球を楽しむ気持ちは常に意識しています!

ーー今後の登板に向けての意気込みを教えてください。

1球1球を大切にして、1つでも多くのアウトを取れるよう頑張ります!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中